京つう

  ビジネス/起業  |  洛東

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
花名刺の京冨
花名刺の京冨
平成2年12月31日、父が動脈瘤破裂のくも膜下出血を患い、仕事を継続するのが困難となり、家業の印刷業を継ぐ決意をしました。その時に、様々な方々に様々なお世話をしていただきました。その方達には一生を掛けて、恩返をしていきたいと思っております。
元々は京都の花街宮川町に25年間住んでいたこともあり、舞妓さんや芸子さんとは幼いころから接点が有りました。
また、花名刺と言う物にも、幼いころから接していました。その文化を少しでも全国の方々に知ってもらいたく、「花名刺の京冨」を立ち上げました。
是非、一度ホームページにも訪問してみてください。

http://kyotomi.com

2013年05月31日

ドラマの撮影

現在、火曜日夜9時から放送の「鴨、京都へ行く」の撮影、実は同じ町内会の旅館がメインの舞台になっているんですよ。

玄関先の撮影で、たまにチラッと映っているお漬物屋さんはセットじゃなく実在のお店で、お勧めのお店です。

撮影をするときは、何日か前に必ずスタッフの方が連絡並びにご挨拶に来られます。
そういう下準備をされる方がいらっしゃるから、当日段取りよく撮影ができるんでしょうね…。
  


Posted by 花名刺の京冨 at 18:37Comments(0)我が町

2013年05月30日

千社札って何…?

千社札(せんじゃふだ)って?

千社札(せんじゃふだ)とは神社や仏閣に参拝をした証として、自分の名前を書き込んだ札を納札し、札が貼られている間は参籠(宿泊参拝)と同じ功徳があると考えられていました。

日帰り参拝者が参籠(宿泊参拝)の代わりに自分の札を貼ったのが始まりで、木製や金属製の札も存在していました。
江戸時代に流行し、次第に手書きから木版製になり、近年ではシール状になっているものも多くなりました。

現在は無断でシールを貼ったりする事が出来なくなってきていますので(以前からダメだと思うのですが)、神社仏閣や建造物には貼らない様にしましょう。



  


Posted by 花名刺の京冨 at 18:29Comments(0)京冨

2013年05月29日

花名刺と舞妓さん

花街では、舞妓さんがお客さんに名刺のかわりとして自分の名前のはいった花名刺を渡すという習慣があります。
この花名刺はお財布に入れておくと、お金が舞い込む(舞妓む)と言われていてとても縁起の良いものとして人気があります。

花名刺には通常のタイプと、裏面にのりの付いた、シールタイプのものをご用意いたしております。
  


Posted by 花名刺の京冨 at 14:21Comments(0)花名刺

2013年05月28日

花名刺って…?

花名刺(はなめいし)って?

 花名刺(はなめいし)は、主に京都の芸舞妓さんが持つ名刺の一種で、背景には季節を表した柄や、干支やおもちゃ、
道具などの柄が描かれた名刺です。
 台紙の素材も和調を使いますので、一般紙とは違い台紙そのものにも、表情が出ます。
 印刷される文字にも何ともいえない味わいになります。
昔ながらの制作手法で味わいのある、花名刺をお作りします。

 詳しくは    ホームページ http://kyotomi.com  へどうぞ



  


Posted by 花名刺の京冨 at 09:23Comments(0)花名刺